【新規就農】これからトマト農家になるのはアリですか?

今回は新規就農でトマト農家になるのはどう?という話。
前提として新規就農においては、やりたいことをやったらいいと思います。
栽培が難しいからやめろとか、投資額が大きいからリスクあるとかそんなこと言いません。
やりたい人がやったらいいし、たとえ無謀でも夢や希望をトマトに載せたらいいと思います。
でもちゃんと作戦は立てたほうがいいよ、とだけは言いたいです。

まず最初に考えたいのは、トマト農家は栽培だけできればいいわけじゃないこと。
YouTubeでよく流れているトマト農家が栽培を語るやつ、あれは栽培技術を学ぶにはもちろん参考になるけど、農業経営をするときには情報が偏り過ぎています。個々の状況に合わせたカスタマイズが必要だからです。

ということで今回は、トマト農家になるために準備するべきことのいくつか、環境分析として「市場調査」「時代の変化」を中心に話した動画をご紹介します。

業界の大きな流れは知っておいたほうがいいです。
先輩トマト農家はどんな経営をしているのか、これから伸びていくのか廃れていくのか、10年後は大丈夫なのか、怪しいのか。
その船が戦艦なのか泥船なのかを、それに乗り込む前に知っておくべきでしょう。
泥船だと知ったうえで乗り込んで、自分がなんとかするつもりなら止めませんけどね。

関連記事

  1. 【栽培技術】オンライン農業相談サービス「アグティー」プロ農家は副収入になる!

  2. 【ボトルネック】そのトラクター本当に買っていいの?昔からあるテッパン弱点克服法

  3. 【対策】抽苔ートウ立ちを防ぐ4つの方法とは

  4. 【想定】コロナショックに学ぶ!万が一への備え方

  5. 【疑心】農業の未来。一人2000万円以上売り上げる時代がすぐそこに

  6. 【新旧攻防】卸売市場をぶっ壊す!オンライン卸売市場ラクーザ登場