【強健】カボチャの育て方~恐るべき場の支配力とバリエーション豊富な品種力~

勝手に生えてきて育つよね、カボチャって。
カボチャ栽培の経験者はそのように話すことが多いです。
前年のこぼれタネが勝手に発芽してきて、けっこう元気に育って収穫できる実をつける。
山積みにした堆肥から発芽してきて、地面を覆いつくすほどの生育を見せる。
よくあります。

とにかく旺盛に生育するのがカボチャ。
そのおかげで栽培はわりと簡単な部類ですし、病虫害だってそれほど多くありません。

だから語りません、そのへんについては。
もっと別の切り口でカボチャを眺めていくと、カボチャの育て方がわかってきたり、もっとカボチャを好きになったりするんです。
キーワードは「多様な品種」「場を支配する性質」。

一緒にカボチャを知る旅に出ませんか?

関連記事

  1. 【超便利】経営改善必至!優秀すぎる農業日誌アプリ3選

  2. 【あぐりマッチ】農家専門の恋活・婚活アプリをうまく使って出会いの少ないコロナ禍を乗り切ろう

  3. 【便利】農水省公式MAFFアプリで農家お役立ち情報を手軽にゲット!

  4. 【対策急務】農業はとにかく危険!死亡率の高さは折り紙付き

  5. 【Q&A】購入したタネを小分けして転売したら違法になりますか?

  6. 【増額】農業次世代人材投資資金が変わる!手堅くもらって賢く使おう