貯金500万円?1000万円?新規就農で自己資金はいくら必要なのか

農業を始めるとは、事業を始めることです。会社員から経営者になるということ。

新しく事業を興すということは、当然ですけど最初に投資が必要になります。いわゆる自己資金というやつですね。法人なら資本金と言ったりします。

これが、 農業では就農するのに500万円必要とか1000万円いるとか、そんな噂話がけっこう飛び交ってますね。生活費3年分用意したほうがいいとか言われることもあります。

実際のところはどうなのかといえば・・・アンケート調査ではありますが平均451万円でスタートしているようです。若い人にはけっこうな金額ですよね。みなさんこんなに蓄えてしっかり準備してから始めてるんですね。あくまでも平均なので1千万円以上余裕で貯めてから始める方もいれば、ほぼゼロ資金で気合と根性でなんとかなると思って始める方もいるはず。

なぜこんなに必要なんでしょうか。これくらいなかったらスタートできないのか、石橋をたたいて用意周到しっかりと準備している人が多いからなのか。気になりますよね。

スタートする規模、品目によって違うのは承知のうえで、なぜ最初にまとまった資金が必要なのか、なぜ生活費を数年分用意したほうがいいのか。今回は、国からの手厚い給付金制度にも触れながら解説していきます。

・・・動画で。

関連記事

  1. 【相性】ネット通販すべき農家とやめたほうがいい農家

  2. 【被覆肥料】環境汚染で農家が責められる?畑にプラスチックが残る恐怖!

  3. 【苗床】電熱マットの海でセルトレイを泳がせろ

  4. 【便利】農水省公式MAFFアプリで農家お役立ち情報を手軽にゲット!

  5. 【想定】コロナショックに学ぶ!万が一への備え方

  6. 周囲の反対を無視して新規就農する勇気があるか