【悲報】スマート農業で農家は赤字に。いつもの機械化貧乏で終わるパターン?

先日、日本農業新聞にスマート農業に関する記事が載っていました。


農水省は、「スマート農業実証プロジェクト」で初年度の2019年度に採択した69地区について2年間の実証成果をまとめた。水田作(30地区)では総労働時間が平均9%減り、単収は同9%増えたが、機械や施設費が増え利益がマイナスに転落する事例も発生。高額な導入費と費用対効果の見極めが課題であることが改めて浮き彫りになった。

https://www.agrinews.co.jp/news/index/108692

ざっくりと言ってしまえば、スマート農業の導入によって
「労働時間9%減、売上9%増」
「でも機械や設備の負担が増え利益が減った」

そんな話です。

まあ予想できたことというか、これからの課題だろうなぁとは思います。
自分の経営になにかしらの問題があって、そこがボトルネックになっていて、機械や設備を導入することで改善が進んで、水の流れが一気によくなる。資材調達から生産、流通、販売まで、どこがボトルネックなのかを見極めてヒト・モノ・カネをスムーズに動かしていくことができると、経営は楽しくなるし結果もついてきます。そういったボトルネックの解消にスマート農業は力を発揮すると思います。

おそらくですがこのプロジェクトではスマート機器の導入が先にあったのではないかと。こんな機械がある。生産性がアップするから使ってみませんかと。もちろん生産性は上がるでしょうし、労働時間も減るでしょう。そりゃあ先端技術を使うんだから効果はありますよ。けど機械の導入が先にあって本当のボトルネック解消とずれていたら、費用対効果が出なくて利益が減るのは当然だと思います。

大事なのはコスパですよね。

ただ、だからスマート農業はダメだ!ではないとも思います。日本農業新聞の記事でも書かれてますが、ようは費用対効果の見極めが大事だということ。それを使うことで利益につながる効果が見込めるときに導入すればいいということ。今回のはあくまで実証プロジェクトなんだからスマート農業そのものを否定するものではないと思います。

なんだかんだいって、まだ導入期なんですよね。これから徐々に普及していく技術。現時点では利益が減ってしまうことも多いし、大規模農業でしか使えなかったりするけど、そのうち多くの人が使えるようになって小規模農業でも利益が見込めるような価格帯のものが出てくるんじゃないでしょうか。

小規模な農家がいまやるべきことは何でしょうか。
使える技術になった10年20年先に真っ先に飛びつけるかどうか。こんな技術があるんだ、こんな機械があるんだと情報として知っておくのが現状の最善じゃないでしょうか。

関連記事

  1. 【あぐりマッチ】農家専門の恋活・婚活アプリをうまく使って出会いの少ないコロナ禍を乗り切ろう

  2. 【緊張】豊田市の標高300mまだ寒いけどズッキーニ植えます

  3. 【新規就農】これからトマト農家になるのはアリですか?

  4. 【長短あり】ECモールをうまく活用して販売力をつけていく方法

  5. 【泣泣】オクラの育て方~規格&かゆみと戦う農家の苦悩~

  6. 就農フェスト開催されます。登壇するので新宿に是非来てください