【対策急務】農業はとにかく危険!死亡率の高さは折り紙付き

2016年の話ですが、産経新聞に
農業は「危険な職業」だった!? 死亡事故割合は建設業の2倍 目立つ高齢者の機械操作ミス
という記事が載りました。

農業の事故死亡者数は10万人当たりの割合において、多いと思われる建設業を越えて
ダントツの一位だそうです。これは今でも変わっていません。
農業者がトラクターの下敷きになって死亡したというニュースを目にする機会もありますが、大型の機械を扱ったり刃物を扱ったりする仕事が多いので危険であることは現場に立つ者として実感はあります。

理由としてはいくつかあって
1.高齢化により危機回避能力が低下している
2.安全装置の普及が進まない
3.家族経営(自営業)が多いため労働安全衛生法の適用外で安全管理がおろそかになっている

などが挙げられます。
事故死亡者数のうち65歳以上の割合は8割以上なので、基本的には1の理由が大きいと思います。ただ、高齢化が進んでいる日本社会では自動車による死亡事故が減ってきている事実と比べれば、高齢化だけを理由にするのも違う気がします。
いずれにしても対策が必要ですね。もちろん私も含め農業者は安全管理を徹底していかないといけないです。国や制度ばかりに頼るのは違うでしょうから。

そんな話をつらつらしている動画があります。
興味があればどうぞ。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【本命】すべての農家に朗報!農業共済が霞むほどお得な収入保険でリスクに備え、ガンガン挑戦できる時代が来たぞ

  2. 【苦行】冬はひたすらマルチはがし。コツやらメリットやらありますよ。

  3. 【植物分類】ネギはユリ科じゃないって知ってました?

  4. 【農家資格】農業者が取るべき資格や免許13選

  5. 【苗床】電熱マットの海でセルトレイを泳がせろ

  6. 【播種】種まきを遊びつくせ!楽まきさんという名のマニュアル車