有機農業を2050年までに25%に!それって実現可能なの?ムリじゃね?

有機農業の耕地面積を2050年までに25%に拡大
これを聞いてどう思われますか?

はぁぁ??ムリに決まってんじゃん!
また農水省の机上の空論じゃないの?
現場を分かってない官僚のやることは信用できん!

そのような意見をお持ちの方は多いかもしれませんね。
批判を受けてもしょうがない、そんな数字だとは思います。
でも、そうやって突き放してしまうのは少しもったいないかもしれません。

この数字は、農林水産省が5月12日に発表した「みどりの戦略システム戦略」に書かれていたもの。
他にもいくつかの目標が掲げられていたのに、メディアが分かりやすい箇所をクローズアップしている側面はあります。
メディアは部数・数字を取らないといけないのでしょうがないのかもしれませんけど、目標は有機農業の面積だけではありません。

化学肥料の削減目標、化学農薬の削減目標も盛り込まれています。
ということは、ほぼすべての農業で関係のある話なわけです。

こういった農政の方針は、5年ごとに出される「食料・農業・農村基本計画」でこれまでも示されていて、国が重視した分野へへ予算投入されることが多いようです。
大規模化、6次化、スマート化、輸出など。
ということは、有機農業推進として来年度以降の大きな予算配分が予想されるわけで、その大きな方向性を知っていると知らないでは農業者自身の長期計画に影響を与えそうです。

農業者としてこの目標にどのように関わっていけばいいのか、一人一人が考えていくべきでしょう。
ということで今回はみどりの食料システム戦略について動画を解説していますので興味がありましたらご覧ください。

関連記事

  1. 【勃発】JAvsソフトバンク!農業界にも大変革がやってくるぞ!

  2. 【便利】農水省公式MAFFアプリで農家お役立ち情報を手軽にゲット!

  3. 【理想と現実】ビニールマルチの片付けなんて収穫終わったらすぐやりゃぁいいじゃん!って言うけどさ・・・

  4. 【簡単】腰痛は指一本で治せる!腰痛緩消法はすごかった・・・

  5. 【派手】非常識農家はどんな帽子を選んでるの?

  6. 新規就農者を開業資金補助で大きくバックアップ!経営発展支援事業で一気に経営を軌道に乗せよう