年150万円給付でおなじみ就農準備資金は意外に受給が難しいよ

農業を始めたい人のための給付金制度「農業次世代人材投資資金」が令和4年度に大きく変わりました。名称は「新規就農者育成総合対策」となり、
1.農業研修を対象とした就農準備資金
2.就農当初の生活を支える経営開始資金
3.開業資金を一部助成する経営発展支援事業
ほかにもありますが、農業者が受け取れる給付金としてはこの3つになりました。

農業研修を対象とした「就農準備資金」は、仕事を辞めて研修するときの金銭的な負担を和らげてくれるものです。
毎月12.5万円の給付が受けられるので、生活費や貯金を気にせず研修に集中できますし、遠くて通うことが難しかった先進農家での研修をアパート等に住みながら臨むことができるようになります。
農業研修のハードルを下げる非常に素晴らしい給付金制度だと思います。

ですが受給を検討する方はちょっと気をつけてください。
「オレ条件満たしてるじゃん。もらおうっかな。」
と安易に考えていると、条件は満たしているのに受給できなくなってしまいます。

銀行で融資を受けるときにはそれなりの準備が必要ですよね。
就活で面接を受けるときにもしっかりと準備をしますよね。

それと同じです。条件さえ満たしていればもらえる助成金ではなく、審査があって受け取れない場合もある融資なんです。そこを気をつけないと、もらえるつもりで計画を立てていたけど受給できなくて就農を断念した、なんてことにもなりかねません。

このあたりも含め、「就農準備資金」について詳しく解説した動画を撮りました。いち農家が知っているふりをして解説しているものなので農水省職員が真面目に解説しているものほど信用ありませんが、農家目線での解説は参考になるところもあると思います。
興味があればぜひどうぞ。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【半農半X】兼業農家と何が違うの?半分だけ農業とか甘すぎませんか??

  2. 有機農業を2050年までに25%に!それって実現可能なの?ムリじゃね?

  3. 【規制緩和で困惑】ロータリ装着したトラクターの公道走行が可能に。。。えっ?今までも走ってたけど?

  4. 【救済】183万円使って150万円戻ってくる!経営継続補助金とは

  5. 【恐怖】TPPで日本の農業は終了?どうなる農家?アメリカの外交政策に振り回される日本という構図

  6. 【保存版】農業収入を決定づける3つの式を理解しよう。小さな農家は頭を使わないと生き残れない。