栽培が上手くなければダメなの?現状分析と努力の方向性

農業者として高い栽培技術をもっていることは強力な武器になります。
生産性が高く、安定していて、高品質。
もちろん収入に直結するでしょう。

ただ、
それを全員が目指すべきなのかといえば、ちょっと違うのかなと思っています。
だって他の誰よりも優れた栽培技術を持っているのって難しくありませんか?
周りの農家よりも確実に栽培技術が高い人なんて、あたりまえですが全員なれるわけがありません。

じゃあどうする?

栽培がうまくなくても農家としてOKな状況って何?
今回はその答えのひとつの方向性をお話ししています。

関連記事

  1. 【半農半X】兼業農家と何が違うの?半分だけ農業とか甘すぎませんか??

  2. 【崩壊?】種子法が廃止!日本の食は大丈夫なの?農家の未来はどうなるの?

  3. 農業×動画(YouTube)の可能性について

  4. 【肥料】施肥量の計算方法と考慮すべき3つのポイント

  5. 【長短あり】ECモールをうまく活用して販売力をつけていく方法

  6. 【育苗】雨の日は種まきだよね、もちろんビニールハウスで