【選択】農業機械をシェアする時代!買う借りるそして共有

大きな投資が必要になる農機は昔から農家にとって頭の痛い問題ですよね。金銭的な負担が大きいです。
コスト的に割に合いそうな大規模農業でもキツいのに、小規模農業であれこれ機械を揃えるのは本当に必要なのか自問自答してしまいます。ぜんぶ所有しなきゃいけないの?と。
大規模農業だって年1回しか使わない機械を持つのは考えるべき点ですし、借りたほうがいい場合もあると思います。
また、専業・兼業農家、半農半エックス、自給農など就農の形態が農家のスタイルや生き方に合わせてどんどん多様化しているなかで、所有するのか借りるのか、シェアするのか選択肢も多様化してくるのは必然だと思われます。そんな時代の流れから生まれてきたシェアリングエコノミー。

だいぶ流行ってきています。Airbnb(エアビー)やUber(ウーバー)などがよく取り上げられますが、広い意味でとらえるとメルカリ、リサイクルショップ、古本屋などもシェアリングエコノミーと言えなくもないですね。
シェアリングエコノミーとは何かというと。
一般社団法人シェアリングエコノミーより定義を調べてみました。
「シェアリングエコノミーとは、インターネットを介して個人と個人の間で使っていないモノ・場所・技能などを貸し借りするサービス」
だそうです。個人間の取引を指すようですね。
これを農業でも当てはめたとき、
農家が所有している農機を他の人に貸し出す
という形が農機シェアリングなのでしょう。

ということで今回動画で取り上げたのは農機のシェアリングサービスです。
従来からあった購入、レンタルという選択肢のほかにシェアという新しいサービスについて解説しています。
車のレンタルのように確立されたものではありませんし、まだまだ乗り越えなければならない壁が多いのですぐに普及するものではなさそうですが、世の中がモノをシェアする時代に流れている以上、農業でもシェアリングエコノミーが広がっていくことは知っておいて損はないと思います。

アグリズ
小型農機のレンタル
https://www.agriz.net/rental.html4

伊藤農機
小型農機のレンタル
http://itonoki.com/karirental.html

アグリコム(AGRICOM)
農機や道具を「借りたい」ユーザーと「貸したい」ユーザーのマッチングサービス
https://agricom.jp/

関連記事

  1. 年150万円給付でおなじみ経営開始資金を詳しく解説

  2. 【強健】カボチャの育て方~恐るべき場の支配力とバリエーション豊富な品種力~

  3. 【悲報】スマート農業で農家は赤字に。いつもの機械化貧乏で終わるパターン?

  4. 【運搬】畝成型機(マルチャー)を軽トラックに載せて移動する

  5. 【小道具】ハウス内の最高・最低気温を知るにはどうする?ずっとハウスに居座るわけにいかないし・・・

  6. 【規制緩和で困惑】ロータリ装着したトラクターの公道走行が可能に。。。えっ?今までも走ってたけど?