新規就農者の強い味方「農業次世代人材投資資金」が大きく変わりました

農業を始めたいという人に対しての補助金制度はいくつかあって、国が主導のものもあれば市町村が独自でやっている補助金制度もあります。
それらの中でも最もなじみがあり、多くの人が対象になりやすいものが
農業次世代人材投資資金
という制度です。

これは、基本的には非農家出身者に向けてのものですが、大きく2つに分かれます。
ひとつは新規就農する前の段階でもらう、つまりは研修中の段階に受け取る補助金で「準備型」と呼ばれています。
もうひとつは新規就農した後にもらえるもの、こちらは実際に農業をスタートしてから事業資金の一部として受け取ることができて、「経営開始型」と呼ばれます。
この2つを合わせた補助金制度が農業次世代人材投資資金です。
そんな「農業次世代人材投資資金」ですが、令和4年度に制度が大きく変わります。
名称は「新規就農者育成総合対策」。
これまでの準備型・経営開始型を引き継いでマイナーチェンジしているところもあれば、新しいタイプの支援を新設したりもしています。

「就農準備資金」「経営開始資金」「経営発展支援」

就農希望者への支援に該当するのはこの3つです。
この制度をうまく活用した場合に最大でもらえる給付金はなんと1125万円。おそろしい金額です。もちろん満額をもらうためには様々な条件をクリアしないといけませんが、新しく農業を始めるときにこれだけの金銭的サポートを受けられるなんて手厚すぎて怒りすら覚えます。
こんなに甘い汁を吸った新規就農者は、一人の事業者として覚悟をもって営農できるのでしょうか。厳しい時代の荒波をうまく乗り越えていくことができるのでしょうか。
そのあたりに不安はあるものの、目の前にぶらさげられたニンジンに見向きもしない人はおそらく多くないでしょう。もらえるものはもらっておけ、それが正直な気持ちじゃないでしょうか。

もうそこはあれこれ言いません。相応の覚悟を持ったうえで、差し伸べられた救いの手をしっかりと握って新規就農してください。だって国が就農者を増やす目的で出している支援制度なんですから。受け取ることは正義ですよ。

詳しいことは動画で解説しています。耳だけでも理解できるようにしゃべってますので、作業中のBGMとしてご活用ください。

関連記事

  1. 【盲点】最大300万円!農地も対象になる家賃支援給付金でコロナ禍を乗り切ろう

  2. 年150万円給付でおなじみ就農準備資金は意外に受給が難しいよ

  3. カボチャにかかった不織布をはがしてみたら・・・

  4. 【恐怖】売上1千万未満の農家は影響大!インボイス制度を知って特例に乗っかろう

  5. 【重圧】1年後に迫るインボイス制度もあるし会計ソフトの力を借りなきゃ詰む

  6. 【被覆肥料】環境汚染で農家が責められる?畑にプラスチックが残る恐怖!