秋ナスは嫁に食わすな

畑に行こうと思っていたら朝から
しょうがないので朝はぐだぐだテレビを見ていました。
7時からの「所さんの目がテン」
今回のテーマはナスでした。
秋ナスは嫁に食わすな、ということわざがあります。
これには二つの意味があり、

秋ナスはおいしいので嫁に食わせるのはもったいない、という姑の意地悪。

という意味。そして

ナスは体を冷やすから子供を産む大切な体を壊してはいけない、という姑の心遣い。

この体を冷やすという点について以前から本当なのか気になっていましたが、テレビでは実験をして真相を明らかにしてくれました。
結論だけ言うと、本当に冷える
ナスに多く含まれるカリウムが体を冷やす効果をもたらし、利尿を促進するようです。
トマトやキュウリにもカリウムは多く含まれ、夏野菜は夏に食べてこそ生きてくると言えるかもしれません。
旬のものをいただくということは、ものすごく利に叶っていることを示してくれた目がテンに拍手を送りたいと思います。

関連記事

  1. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  2. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  3. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  4. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?

  5. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  6. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実