出荷作業で壁にぶちあたる

出荷作業がたいへん。
どうも葉もの野菜の調整作業に時間がかかってしまうようだ。
水菜、小松菜、ほうれん草など。

枯れて黄色くなった葉などを落とす、重さを量って輪ゴムでとめる。
書くとたったこれだけなのに、なんとも時間がかかってしょうがない。
軒数がふえると作業時間もそのまま比例するおそろしい作業です。

だいぶ省力化していると思っているのですが、まだまだ改善しないといけないようですね。
このままだと一回の出荷でさばける数が頭打ちになってしまいます。
1週間であと10軒くらいは増やしたいと思うし、増やせないと今後の成長は見込めない。
また新しい壁にぶちあたった気分です。
思いっきりぶつかっていけば壊れそうな薄い壁に感じますけど。

人手を増やす前にやるべきことはまだまだ多いです。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  2. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  3. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  4. 完璧を目指さないことの重要性。70点主義とは

  5. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  6. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか