農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

農業は自然環境の影響を受けやすい産業です。
農家としていくら災害に備えていたとしても、想定外の被害を受けることはあります。
そんなときにどうするか。
崩れた土手を自分で自力復旧するのか。
水没して土砂が流れ込んできた農地を自分ですべて元に戻すのか。
それは非常に困難を伴うはずです。

被災して、ただでさえ心理的ストレスを抱えてしんどいところへ、来季へ向けてあれもこれも労力とお金をかける。
そんなつらいことはありません。

国はちゃんと復興支援の手を差し伸べてくれます。
様々な支援を用意してくれています。
現状復旧は国に任せてしまって、自分は農家として一日でも早い復活を目指す。
そのためには受けられる支援は遠慮せずに受け取るべきだし、せっかく差し伸べられている手をつかみ損ねることのないようにしたいものです。

【本命】すべての農家に朗報!農業共済が霞むほどお得な収入保険でリスクに備え、ガンガン挑戦できる時代が来たぞ
https://youtu.be/oUt3N2PKrdA

農地・農業用施設の災害復旧事業とは?(農林水産省HP)
https://www.maff.go.jp/j/nousin/bousai/bousai_saigai/b_hukkyuu/attach/pdf/index-11.pdf

関連記事

  1. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  2. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  3. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  4. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  5. 【崩壊?】種子法が廃止!日本の食は大丈夫なの?農家の未来はどうなるの?

  6. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。