農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

農業は自然環境の影響を受けやすい産業です。
農家としていくら災害に備えていたとしても、想定外の被害を受けることはあります。
そんなときにどうするか。
崩れた土手を自分で自力復旧するのか。
水没して土砂が流れ込んできた農地を自分ですべて元に戻すのか。
それは非常に困難を伴うはずです。

被災して、ただでさえ心理的ストレスを抱えてしんどいところへ、来季へ向けてあれもこれも労力とお金をかける。
そんなつらいことはありません。

国はちゃんと復興支援の手を差し伸べてくれます。
様々な支援を用意してくれています。
現状復旧は国に任せてしまって、自分は農家として一日でも早い復活を目指す。
そのためには受けられる支援は遠慮せずに受け取るべきだし、せっかく差し伸べられている手をつかみ損ねることのないようにしたいものです。

【本命】すべての農家に朗報!農業共済が霞むほどお得な収入保険でリスクに備え、ガンガン挑戦できる時代が来たぞ
https://youtu.be/oUt3N2PKrdA

農地・農業用施設の災害復旧事業とは?(農林水産省HP)
https://www.maff.go.jp/j/nousin/bousai/bousai_saigai/b_hukkyuu/attach/pdf/index-11.pdf

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【救出】あなたは草を育てているんですか?

  2. 【本命】すべての農家に朗報!農業共済が霞むほどお得な収入保険でリスクに備え、ガンガン挑戦できる時代が来たぞ

  3. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!

  4. 【警告】消費増税やばい!とか言ってるうちにインボイスという大津波が来ますよ

  5. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  6. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか