【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

いわゆる慣行農法、農薬も使えば化学肥料も使うそういう農法であればキャベツを育てることはそれほど難しくありません。これが有機栽培となるととたんに難しくなる。なぜか?


その答えは「守って当然の存在」「生育を停滞させちゃダメ」だから。キャベツに育てるときに農薬・化学肥料の存在は頼もしいパートナーになります。逆に言えばそれらを使えないのは非常に不利、圧倒的にマイナスです。

だからこそ要点をおさえて少しでも育てやすくしておく必要があって。キャベツの原産地を知り、現在の姿との違いからくる影響を知り、その事実を栽培に活かす。これでようやくスタート地点に立てます。

大変なんですよ、キャベツを育てるのは。

関連記事

  1. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  2. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  3. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  4. 【2段階】顧客に望まれる品種を選ぶことが第一ステップ。第二ステップは・・・

  5. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  6. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?