ボカシ製作のコツ


オカラと米ぬかが主体のスペシャルボカシ肥料。
春キャベツの除草ついでにボカシをぱらぱら。
ホウレンソウに大きく育ってほしくてぱらぱら。
まいているとあまーーい香りが漂ってきます。
ほんとに今回のボカシはいい香りです。
いつもにも増してすばらしい出来です。

なぜこんなボカシができたかというと、
?冬の寒い時期にじっくりゆっくりと発酵が進んだ。
?できたての暖かいオカラを混ぜたので初期発酵がうまく進んで乳酸菌がいい具合に増えてくれた。
たぶん?の理由が大きいのではないかと推測されます。
初期発酵で40℃くらいの温度を確保できるかどうかにボカシの成功がかかっていると言われていますから。

こういうボカシを量産できれば畑ではよい菌が優先しておいしい野菜がバンバンできるはず。
冬にボカシを作る際は、できたてホヤホヤオカラを使うというちょっとしたコツが大事みたいですね。
うむ、今日も勉強になった。

関連記事

  1. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  2. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  3. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  4. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  5. 無料イベント登壇のお知らせ:10月14日名古屋市

  6. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?