【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

原産地から学ぶ栽培シリーズ第二弾はキャベツ。
無農薬で栽培することが難しい野菜として知られていますが、なぜ難しいのかを考えたことがあるでしょうか?
「アオムシに食べられるからでしょ~」というのは結果であって原因ではありません。
なぜ虫が寄ってくるのかは、キャベツの原種が分かれば理解できます。原産地を知れば育て方が分かります。

キャベツは野菜の中でもとくに、その歴史が面白いです。
人間との関わり方が絶妙で、親近感がわいてくる野菜です。
キャベツの歴史を知って、栽培をもっと楽しんでみませんか?

関連記事

  1. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  2. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  3. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  4. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  5. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  6. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない