【動画】栽培技術で劣る農業者がYouTubeで存在感を出す方法

コロナ禍にあって情報発信の重要さはますます増してきているように感じます。
大規模農業はともかく、小さな規模でやっていくには時代の流れを読んで戦略的にやっていかないと、生き残っていくのは難しいです。
そして今だからこそ大切なのが伝えること。

コロナで引きこもりが加速したこともありますが多くの農家がネットで通販できることを知り、食べチョク・ポケットマルシェのようなECサービスを使ったり
SNSで情報を発信したりして、ネット通販で利益を出そうとがんばっています。

ここで流れに乗っていくのはアリでしょう。ECサービス、SNS、使うべきです。
そして選択肢のひとつとしてYouTubeでもやってみようかな。。。そんな軽い気持ちで初めてみるのもいいかもしれません。
ちょっとハードルが高そうに見えますが意外とノリが軽いほうがうまくいったりしますし。でも、方向性だけは戦略的に考えておいたほうがいいです。
内容はそれぞれ工夫すればいいですが、自分のチャンネルをどんな方針で運営していくのかを定めておかないと、あとあととんでもないことになってしまいます。

すでにYouTubeには農業系のチャンネルがたくさんあり、そこに今から参加して激戦を勝ち抜いていくのは骨が折れます。
一見すると栽培技術が高くて人に教えられるほどのレベルじゃないと動画配信なんてムリ・・・と思ってしまいそうですが、じつはそんなことなく素人でも全然よかったりします。

そのあたりの戦略的な話を中心に今回はお話ししています。

関連記事

  1. 【農業収入のリアル】 平均的な施設野菜農家はどれくらいの収入があるのか

  2. 【協力金あり】人・農地プランで地域の農業を守る!新規就農者には重い足かせになるかも

  3. 【産直オンライン】食べチョクをうまく活用すれば農家の販売量は爆伸びする。

  4. 【最強】モロヘイヤの育て方~野菜の王様がもつ圧倒的なパワー~

  5. 【所得向上】農業競争力強化プログラムは農業者を支援しないが農業者のためにある

  6. 【BtoC】小さくて条件不利な農家は消費者直販に救いの道がある