虫食い、土汚れ、サイズなど出荷基準は誰のためにあるのか

収穫してきた野菜を、
洗って、黄色い葉や虫などを落とし、サイズをそろえ、重さをはかり、束ねたり袋詰めしたりする。
これら一連の出荷作業を、ひたすら大量にこなすのは苦痛が伴います。
出荷先からの要望なのはわかります。
それをやらなければ受け取ってもらえない、わかります。

ただ、、
そうじゃない場合もあるわけで。
周りがそうしているからとか、一般的にはこれくらの調整をするとか、どんな調整するのかを他者にゆだねてしまっていることも少なくなかったりして。
それはかなりもったいないことをしているなぁと思いますよ。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  2. 土壌分析は必要なのか?多品目栽培の特殊な事情

  3. 【応用編】キュウリ栽培のポイントを詳しく解説。すべては顧客の創造から

  4. 【応用編】一般的な3本仕立ては多品目栽培でもアリ?

  5. 送料(物流コスト)高騰に対応するための2つの方向性

  6. 【自己責任】正解ではなく納得解を追求せよ!