虫食い、土汚れ、サイズなど出荷基準は誰のためにあるのか

収穫してきた野菜を、
洗って、黄色い葉や虫などを落とし、サイズをそろえ、重さをはかり、束ねたり袋詰めしたりする。
これら一連の出荷作業を、ひたすら大量にこなすのは苦痛が伴います。
出荷先からの要望なのはわかります。
それをやらなければ受け取ってもらえない、わかります。

ただ、、
そうじゃない場合もあるわけで。
周りがそうしているからとか、一般的にはこれくらの調整をするとか、どんな調整するのかを他者にゆだねてしまっていることも少なくなかったりして。
それはかなりもったいないことをしているなぁと思いますよ。

関連記事

  1. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  2. 【三択】ほとんどの農家はホームページがなくても問題ない!じゃあネットでどうやって販売する?

  3. 【長短あり】ECモールをうまく活用して販売力をつけていく方法

  4. 【自己責任】正解ではなく納得解を追求せよ!

  5. 【安定】端境期をかるーくクリアするにはコツがある。年中供給を目指してみよう

  6. 送料(物流コスト)高騰に対応するための2つの方向性