【亜流】多品目農家が小さな面積で反収を上げていく3つの手法

自分が小さな農家であることを自覚しているなら、大規模農業と同じことをやっていたらつぶされてしまいます。
彼らと同じ生産性向上、栽培技術向上、機械化推進では、同じことをやっていたとしても太刀打ちできないからです。価格競争になったときに必ず負けます。
小さな農家は小さいからこその強みを活かすべき。小さな面積でも高い収量をあげていく方法を、生産性向上とは違った道で実現すべきでしょう。
そのための手法はたくさんあります。大手にはできない手法も山ほどあります。それらのいくつかを選び、実行することで小さくても強い農家へ一歩近づくことができるようになります。
今回ご紹介する手法は、私が実践している中からいくつかをご紹介したものです。
すべてとは言いませんが気に入ったものを取り入れてもらえると嬉しいですね。

関連記事

  1. 【解禁】トラクターでけん引公道走行ができるように。けどルールを守らないと重い罰則がありますよ

  2. 【長短あり】ECモールをうまく活用して販売力をつけていく方法

  3. 【警告】消費増税やばい!とか言ってるうちにインボイスという大津波が来ますよ

  4. 小さな農家のお手本は5年経ってもすごかった【農で1200万円!】

  5. 【強健】カボチャの育て方~恐るべき場の支配力とバリエーション豊富な品種力~

  6. 田舎を支援するイナカム。農林水産省が運営しているという妙