【肥料】施肥量の計算方法と考慮すべき3つのポイント

この肥料をどれくらいの量まいたらいいんだろう??
撒きすぎれば作物が吸いすぎて虫が寄ってくるし、撒く量が少なければ養分が足りなくて作物は弱る。
ちょうどよい加減で肥料を与えたい。
そんなときは施肥量を計算する必要があります。
なにも難しい話ではありません。
おそらく農業高校で習うような内容です。
ですが本屋に行って立ち読みしても書いてない、それはたぶん本当に基本的なことだから。
あえて書かなくてもわかるだろ?という無言の圧力。
とはいえ知らないと大変なことになるので解説します。
細かいところはともかくざっくりと考え方を知ってもらえればと思います。

関連記事

  1. 【超便利】経営改善必至!優秀すぎる農業日誌アプリ3選

  2. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  3. 【産直オンライン】食べチョクをうまく活用すれば農家の販売量は爆伸びする。

  4. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  5. 【ゼロリスク信仰】残留農薬基準とADI。生産者の安全は守られないのかい?

  6. 【特権】農家に認められた特例中の特例「農家住宅」は活用しないと損