通路の水菜にヒントを求める

春先の葉もの野菜は難しい。
水菜、小松菜、カブ
ほかにもダイコンやからし菜などがあるが、すべてアブラナ科である。

これらアブラナ科の野菜は、春先にはけっこう虫にやられる。
うちの畑だけなのかもしれないけど、けっこうやられる。
これにはホトホト困り果てているんです。

出荷再開に向けて野菜が生長を続けていますが、水菜・小松菜・カブがないと品目数はさみしい状態になります。
5月の出荷品目はただでさえ少ないのに・・・。
なんとかうまく作りこなせたらなぁと思います。


これは通路に生えていた水菜。
冬越しした株です。
こいつは虫食いがほとんどないんですよね。
ある程度大きくなっているから葉が硬いのか、それとも通路でたくましく育っているから虫が食べないのか。
このあたりにヒントがありそうな気がします。

関連記事

  1. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  2. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  3. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  4. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  5. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  6. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・