SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?

Facebookをやっているが思うようにお客さんが集まらない
YouTubeで動画配信したいがハードルが高そう
ネット通販したいが何から手をつけていいかわからない
情報発信の第一歩がなかなか踏み出せない
こんな悩みをお持ちであれば今回の動画はおススメです。

すべての農家がSNSを使って情報発信すればいいというものではありません。
すべてのSNSを使って農家情報を出し続ければ、じゃんじゃん農産物が売れるようになるわけでもありません。
そこにはちゃんとしたコツがあります。
そこをおさえておかないと、農作業の合間にがんばって投稿しまくっているのに労力が報われないなんてことになりかねません。

農家がSNS(Facebook、Instagram、Twitter、YouTubeなど)で多くのファンをつくり、農産物の販売につなげていくには、まずは前提となる考え方を知ってほしいと思います。

関連記事

  1. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  2. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  3. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  4. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  5. 【相性】ネット通販すべき農家とやめたほうがいい農家

  6. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート