【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

外殻をぶっ壊して発根を促してからタネまきするという冒険から一夜明け、太陽の光をたっぷり浴びたゴーヤはすくすくと成長して双葉を広げてきました。

実験的にやってみたゴーヤでしたが、ちゃんと発芽してくれて苗数もそれなりにそろっているので、ちょっと真面目に育苗してみようかという気になりました。

だからポリポット。
鉢上げと言えば、鉢というくらいだからポリポットへ苗を移していくのがセオリーでしょう。
でも私はセオリーが嫌いな非常識農家。

間違ってもスタンダードな鉢上げをしないのが信条・・・ですが、いろいろと事情あって教科書的な育苗にしていきます。

なにか問題でも?

関連記事

  1. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  2. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  3. 【強健】カボチャの育て方~恐るべき場の支配力とバリエーション豊富な品種力~

  4. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  5. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  6. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?