端境期の品目数が自信を呼ぶ

いよいよトマト、ナスあたりが収穫できるようになってきました。
ピーマンはまだ。
キュウリも採れはじめています。

夏野菜への切り替えの時期がやってきたようです。
カブ、大根、ブロッコリー、コールラビ、レタスなど6月の主役がそろそろ終わりを迎えようとしているので、早く夏野菜の収穫量が安定しないと供給に支障が出ます。
でも今年はジャガイモ、タマネギ、ニンジンの保存3兄弟がそろっているので、よほどのことがない限り出荷をストップすることはないはずです。
営農5年目なんだしここで出荷ストップはまずいよね。

切り替えがうまくいったかどうか、それは出せる品目数を見るとわかります。
ふだんよりも出荷品目数が落ち込んだら春→夏の移行は失敗。
逆に品目数が増えたら成功。

今日の野菜セット大は14品目。
野菜セット中でも12品目。
いつもより多かった。
ということは、そういうことです。
あと来週もこれくらい出せたら、これまた自信につながることになります。
自信の積み重ねが松本自然農園を強くしていきます。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  2. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  3. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  4. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  5. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  6. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰