満員御礼寸前

例年よりも半月ほど早い出荷再開。
ということはそれだけ早めの作付けをしているわけで、畑の占有面積も例年に比べると埋まっていくのが早い。
夏野菜の植え付けはこれからが本番で、それらが植え終わる頃には畑に空いているスペースがほとんどない状況になるんだけど、今年はもうすでに終わりが見えてきた気がする。
植えていない野菜はまだたくさんあるけど、それらを植えるためのスペースがぎりぎりあるかどうか。
収穫し終わったところを間髪入れずに次の野菜が植えられていく、ことでなんとか回るか。
なんとか回すしかないんだけど。

まあ毎年こんなことやってますね。
けっこうギリギリの面積。
もうすこし面積を増やさないと制約が大きすぎて栽培管理に支障が出そう。
そろそろなんとかしますか。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  2. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  3. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  4. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  5. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  6. 【救出】あなたは草を育てているんですか?