満員御礼寸前

例年よりも半月ほど早い出荷再開。
ということはそれだけ早めの作付けをしているわけで、畑の占有面積も例年に比べると埋まっていくのが早い。
夏野菜の植え付けはこれからが本番で、それらが植え終わる頃には畑に空いているスペースがほとんどない状況になるんだけど、今年はもうすでに終わりが見えてきた気がする。
植えていない野菜はまだたくさんあるけど、それらを植えるためのスペースがぎりぎりあるかどうか。
収穫し終わったところを間髪入れずに次の野菜が植えられていく、ことでなんとか回るか。
なんとか回すしかないんだけど。

まあ毎年こんなことやってますね。
けっこうギリギリの面積。
もうすこし面積を増やさないと制約が大きすぎて栽培管理に支障が出そう。
そろそろなんとかしますか。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  2. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  3. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  4. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  5. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  6. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?