【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

六次産業化という言葉はよく耳にするようになったと思います。
農林漁業者が二次(加工)や三次(サービス)に事業を展開していくことをそのように呼んでいますが、失敗例が多く目立つためあまりよいイメージを持たれていない気がしています。

一次産業は価格や天候によって経営が左右される不安定な仕事だけに、安定を求めて六次産業化を進める農家・法人が増えていて。
失敗例は目立つので、六次産業化そのものが悪いイメージに引っ張られているのかもしれませんね。

そもそも、六次産業化そのものは特別なことじゃなくて、農家が漬物をつくったり味噌をつくったり、ジュースなどの加工をしたりするのは昔から行われていました。
誰でもできるといえばそう、誰でもやろうと思えばできるんです。

ただし成功にはコツがあります。
今回はそのあたりのポイントをおさえていきます。

★動画内で紹介している書籍★
「農で1200万円!」西田栄喜
https://amzn.to/37vPyac

「アグリビジネス進化論」
https://amzn.to/2uO2ZF6

★六次産業化サポートセンター
https://rokusapo.com/

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【農地改革】農地バンク(農地中間管理機構)を活用するメリットは農地の集約化である

  2. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  3. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  4. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  5. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  6. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰