新しい畑を使っていこう

トマトやレタスを作付するためにネギをすべて掘り上げてしまったので、彼らの行き先を探さなければなりません。
どこに何を植えるか、というのはほとんどの野菜についてはほぼ計画されているのですが、ネギに関しては今日の今日まで迷っていました。
そして決定。
今年から新しく借りることになった畑へ移動です。

周囲の溝をきっただけでまだ耕していない畑。
昨年まで田んぼとして使っていたところなので粘土質がすごいだろうということは予想していましたが、耕してみるとやっぱり土が重いです。
何年も使っていくうちに畑作に適した土壌にしていくしかないですね。


そんな畑に初めて野菜が植え付けられました。
このネギはいったいどんな成長を見せていくのでしょうか。
楽しみです。

ところで明日から2日間、滋賀へ泊まりで行ってきます。
農を変えたい!全国集会です。
というわけなので明日の夜は日記の更新ありません。
まあ毎日更新されているわけじゃないので気にならないと思いますが。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  2. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  3. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  4. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  5. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  6. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね