トリプルマッスル

パソコンまだ復旧せず。
メールの返信がない方、もうすこしお待ちください。

さて、9月から新しく仲間が増えます。
新・研修生です。
詳しいプロフィールはまだ明かせませんが、うちと同じようなスタイルで豊田市内での新規就農を目指します。
今日現在、農業に関してはまったくの素人ですのでゼロからのスタートになります。

ということは松本色に染めようと思えばいくらでも染まります。
マツモト方式を間近で見ていれば、そういうやり方が体に染み付くのは当然でしょう。
でもそれは怖い。
ひとつのやり方しか学ばなければ、自分で始めて壁にぶつかったときに応用がきかなくなる。
物事の本質をとらえて、自分の判断を通せるようになってほしいと思います。
マツモト方式はあくまで松本直之に適した農法。
彼なりの農法を研修中に見つけ出して欲しいものです。

男3人のむさくるしい松本自然農園が9月からスタートします。
野菜セットからあふれ出る男臭が強くなっていたらごめんなさい。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  2. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  3. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  4. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  5. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  6. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか