【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

モロヘイヤのようにタネの殻が硬くて、しかも発芽に高温を必要とするやつって、うまく発芽させるのが難しかったりします。
タネを播いたのはいいけど、なかなか出てこないなぁ・・・
とか言いながら数週間過ごしたり。
けっきょく発芽してこなかったり。

このモヤモヤを解消するための作戦、
「タネまき前に芽出ししておく」
正確には根出しですが、事前に高温&吸水しておいて、白い根っこがぴょーっと出てきたとこまで仕込んでおきます。

あとはこれを播くだけ。
手間はかかりますが確実です。

ただ問題がありまして・・・

関連記事

  1. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  2. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  3. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  4. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  5. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  6. 【不人気】冬瓜のタネを播く・・・が悲しいことも