【盲点】最大300万円!農地も対象になる家賃支援給付金でコロナ禍を乗り切ろう

まさか農地を借りているだけで給付金が出るとは。。。

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、困っている人を助けるための補助金・助成金・給付金・特別融資などが山のように出されています。
待っていればもらえた特別定額給付金。
売上が半減した事業者を支援するための持続化給付金。
農業経営の改善や継続を促すために設けられた経営継続補助金。
こういったわかりやすいものは調べるとすぐに分かりますが、自分に当てはまるものがどれかを探し当てることは容易ではありません。
そんな分かりにくい給付金のひとつが「家賃支援給付金」。
名前から推測するに家賃の一部を国が補助してくれるんじゃないかと思いますよね。
それは確かにそうです。
でもそれだけじゃなく、じつは農地を借りて借地料を払っている場合にもこの家賃支援給付金は使えるんですよ。
稲作に代表されるように大面積を耕作している農家は、その農地をすべて自己保有しているわけではなく、ほとんどを借り受けているはず。
そこで支払っている借地料は、コロナの影響で売り上げが減少している農家であれば、一部を給付金の形で受け取ることができる可能性があります。
もらえるものはもらっておく。そして前へ進む。
家賃支援給付金について詳しく知ってみませんか?

関連記事

  1. 【エロス】艶やかでしっとり美人のナスを育てるには?

  2. 【産直オンライン】食べチョクをうまく活用すれば農家の販売量は爆伸びする。

  3. 【運搬】畝成型機(マルチャー)を軽トラックに載せて移動する

  4. 【神の領域】ゲノム編集は安全?危険?~後編~パンドラの箱を開けてはならない!

  5. 就農フェスト開催されます。登壇するので新宿に是非来てください

  6. 【確定申告】農家の青色申告。おススメ会計ソフトを3つ紹介します