【協力金あり】人・農地プランで地域の農業を守る!新規就農者には重い足かせになるかも

農業者人口減少、超高齢化、耕作放棄地の増加・・・
農業をとりまく状況はこれから5年10年で劇的に変わろうとしています。
産業としてこれから有望だという声があるなかで、現役世代にうまくバトンを渡していけるのかが焦点になってくる。
時代の転換点に立っています。

そんな中で農水省が主導して進めているのが人・農地プラン。
地域農業の方向性を定めるための取組なのですが、なかなか思った通りには進んでいないようで。。。
それはプランがどんなものかを知らないせい、なのかもしれません。

まずは知る。
人農地プランがどんなものなのかを知る、そこからです。
メリットがたくさんあるので利用しない手はありません。
知って、実際に取り組んでみる。
そこまで進んでみてほしいと思います。

関連記事

  1. 【半農半X】兼業農家と何が違うの?半分だけ農業とか甘すぎませんか??

  2. 【解禁】トラクターでけん引公道走行ができるように。けどルールを守らないと重い罰則がありますよ

  3. 【盲点】最大300万円!農地も対象になる家賃支援給付金でコロナ禍を乗り切ろう

  4. 【高額に驚愕】トラクターの選び方。宝の持ち腐れにならない最適馬力の見つけ方とは

  5. 【想定】コロナショックに学ぶ!万が一への備え方

  6. 【農業のキホン08】農ビ、農ポリ、農POの使い分けできますか?