【協力金あり】人・農地プランで地域の農業を守る!新規就農者には重い足かせになるかも

農業者人口減少、超高齢化、耕作放棄地の増加・・・
農業をとりまく状況はこれから5年10年で劇的に変わろうとしています。
産業としてこれから有望だという声があるなかで、現役世代にうまくバトンを渡していけるのかが焦点になってくる。
時代の転換点に立っています。

そんな中で農水省が主導して進めているのが人・農地プラン。
地域農業の方向性を定めるための取組なのですが、なかなか思った通りには進んでいないようで。。。
それはプランがどんなものかを知らないせい、なのかもしれません。

まずは知る。
人農地プランがどんなものなのかを知る、そこからです。
メリットがたくさんあるので利用しない手はありません。
知って、実際に取り組んでみる。
そこまで進んでみてほしいと思います。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【播種】種まきを遊びつくせ!楽まきさんという名のマニュアル車

  2. 【応用編】キュウリ栽培のポイントを詳しく解説。すべては顧客の創造から

  3. 【誤解】種苗法改正によって農家の自家採種が原則禁止?!

  4. 【分析】キュウリ栽培最大の問題「曲がり果を減らすには?」

  5. 【錯覚】非常識のようで常識、間違えてしまいそうなカボチャの定植

  6. 【勃発】JAvsソフトバンク!農業界にも大変革がやってくるぞ!