【選択】クラウド会計とは何か。便利すぎるサービスで楽農時代へ

ソリマチ農業簿記
クラウド会計freee
クラウド会計MF(マネーフォワード)

確定申告、いやですよね。毎年3月15日が近づくと胃がキリキリと痛みだす史上最悪の行事です。書類の山、レシートの山と格闘しながら一気にまとめて記帳していく。

「これはどこに仕訳けたらいいんだ?」と悩んで調べるが答えが見つからない。決算書まで出来たがなんかおかしい、数字が合わない。そもそも複式簿記とかわかんねーよ。

農家の叫び声が聞こえてきます。ですがそんな時代に終わりが見えてきたようです。テクノロジーの進歩は素晴らしい、便利なサービスが出てきているからです。

それはクラウド会計。売掛金の消し込みなんて簡単です。銀行口座の取引はすべて自動で仕訳、記帳してくれます。クレジットカード取引も。そのへんの店で資材を買ったときの経費だって、レシートがあれば自動で仕訳できます。

とにかく手間がかからない。そして知識もいらない。

家計簿をつけるレベルの感覚さえあれば、あとはクラウド会計が決算書まで作ってくれます。いい時代になりましたね。もちろんそのサービスを使ってこその恩恵ですが。

関連記事

  1. 化学肥料の価格高騰を乗り越えるには?

  2. 【安定】端境期をかるーくクリアするにはコツがある。年中供給を目指してみよう

  3. 【肥料】施肥量の計算方法と考慮すべき3つのポイント

  4. 【再始動】新しい電子サーモの実力とは?

  5. 【ゼロリスク信仰】残留農薬基準とADI。生産者の安全は守られないのかい?

  6. 【農林業センサス2020】農業者40万人減ったら日本の農業はオシマイなの?