【植物分類】ネギはユリ科じゃないって知ってました?

ネギはユリ科じゃないという話をご存知でしょうか。タマネギも、ニラも、ニンニクも、みんなユリ科じゃありません。
えっ?ユリ科でしょ?何言ってんの!
という方は、情報が昭和で止まっています。少なくとも僕はユリ科だと思ってました。

これは、分類体系が変わっているという話です。野菜、穀類、果物など植物には学問上の分類がありますよね。

小松菜、水菜、カブ、大根などのアブラナ科
トマト、ナス、ピーマンなどのナス科

この分類を参考にしながら連作障害を気にして作付体系を考えたり、同じ科目をグループ化して栽培方針を決めたりするかと思います。

その分類が変わっているんです。西暦2000年頃に。知らなかったからといって栽培上大きな損失があるわけじゃないですし、知らなくても極上の野菜を育てることはできます。
でも農家同士で議論になったとき、研究職の方と話をするとき、間違った知識を持っていると見下されてしまう可能性はあります。
動画にまとめましたので是非ご覧ください。
モロヘイヤはシナノキ科じゃないですよ。
ホウレンソウはアカザ科じゃないですよ。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【炎上覚悟】種苗法改正を詳しく解説します。農業者も消費者も正しい情報をもとに議論しよう

  2. 化学肥料など資材高騰をどう乗り切ればいい?(エキスパート農家の見解)

  3. 【小道具】ハウス内の最高・最低気温を知るにはどうする?ずっとハウスに居座るわけにいかないし・・・

  4. 【規制緩和で困惑】ロータリ装着したトラクターの公道走行が可能に。。。えっ?今までも走ってたけど?

  5. 【農薬・肥料とは違う】バイオスティミュラントを使いこなせば収量アップまちがいなし

  6. 【対策急務】農業はとにかく危険!死亡率の高さは折り紙付き