【ボトルネック】そのトラクター本当に買っていいの?昔からあるテッパン弱点克服法

今ある課題を解決するために、農業経営者はいろいろと考え改善をくり返していると思います。
「もっと大型のトラクターじゃないと仕事が回らない。よしトラクター買おう!」
「定植作業を3人でやってるが間に合わない。もう一人パートを雇うか!」
今回はそんな改善マニアのあなたに、ある思考法をお送りします。
製造業では当たり前にやられているので知っている人もいるかと思いますが、改めて丁寧に思考を巡らせるといま目の前にある問題がスムーズに解決できるかもしれません。

その思考法はボトルネック。
あー知ってるよ、生産工程の中でのウイークポイントを探し出せば生産性がアップするアレでしょ。
そうです、それです。あまりにも有名すぎるため目新しさはまったくありません。ボトルネックを知らなかったとしても、たいていの人は弱点を探して克服しようとします。自然とボトルネック解消しようとするものです。

ただしボトルネック解消の手法について、漠然とやっているのと詳しい手法を知って実践するのとでは、出てくる結果がまったく違ってきます。
4つのステップを知り、実際に問題を解決してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 【恐怖】売上1千万未満の農家は影響大!インボイス制度を知って特例に乗っかろう

  2. 【変】なんでトラクターじゃなくて手押しの耕耘機なの?

  3. 【遅延】オクラのタネを播いたが、、、白いものがにょーっと

  4. 【農業版ISO】GAPって何?認証は取ったほうがいいの?

  5. 【裏技】家庭菜園用の育苗器をプロが使う??

  6. 【Q&A】購入したタネを小分けして転売したら違法になりますか?