【誘導】農業技術事典がタダで使えるだと?!なにかウラがあるに違いない・・・

農業技術事典をすべて無料で読むことができる!と聞いて「怪しい・・・」と勘繰る人はそれほど多くないはず。
国語辞典や漢字辞典などが無料で、インターネット上にあるんだから農業技術事典だってネット上なら無料に違いないと。
それ正解です。
たしかにインターネット上にある事典はだれでも簡単に無料で読むことができます。

ですが、
なぜ無料で公開しているの?
それってどこかで課金されるんじゃないの?
と探っていくことを忘れてはいけません。
世の中、タダほど怖いものはありませんからね。
タダになっている理由を知って、すっきりした気持ちで事典を活用しましょう。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【肥料】施肥量の計算方法と考慮すべき3つのポイント

  2. 【強健】カボチャの育て方~恐るべき場の支配力とバリエーション豊富な品種力~

  3. 【盲点】最大300万円!農地も対象になる家賃支援給付金でコロナ禍を乗り切ろう

  4. 【不人気】冬瓜のタネを播く・・・が悲しいことも

  5. 【Q&A】購入したタネを小分けして転売したら違法になりますか?

  6. 【熱中症対策】話題の空調服は炎天下の農作業をラクにしてくれるのか?