【分析】キュウリ栽培最大の問題「曲がり果を減らすには?」

シリーズ第4弾はキュウリ。

苦いだとか栄養がないだとか、いろいろとネガティブなことを言われ続けてきたキュウリですが、最近では利尿・むくみ改善、高血圧・動脈硬化予防など注目が集まっています。そんなキュウリの歴史は古く、3000年以上も前からインド北部で栽培されていました。それが日本に伝わったのが奈良時代~平安時代のころ。原産地の気候に似ている日本では育てやすく、全国各地に広がり多くの在来種が生まれています。

そんなキュウリの栽培で悩みのタネが曲がり果。栽培そのものは決して難しくなく、むしろ簡単ともいえるほどなのに、まっすぐな果実を収穫しようと思ったらとたんに難易度が上がります。プロ農家はそこに多大な労力をかけ、キュウリ農家のほとんどはビニールハウスなどの施設栽培で環境をととのえて育てているようです。すべては曲がり果を減らすため。

今回はそこに突っ込みます。どうしたら曲がり果を減らせるのか、どうしたらまっすぐな果実を収穫することができるのか。そこには深くて暗い闇が待っていました。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  2. 【緊張】豊田市の標高300mまだ寒いけどズッキーニ植えます

  3. 【所得向上】農業競争力強化プログラムは農業者を支援しないが農業者のためにある

  4. 【ゼロリスク信仰】残留農薬基準とADI。生産者の安全は守られないのかい?

  5. 【農業のキホン08】農ビ、農ポリ、農POの使い分けできますか?

  6. 【再始動】新しい電子サーモの実力とは?