農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
農家の思考
  • HOME »
  • 農家の思考 »
  • 有機農業という選択

有機農業という選択

二つある無農薬栽培の価値を理解し、活用しよう

新規就農したい人の多くは有機農業に興味がある。 というのは全国農業会議所のアンケートで出ている事実ですし、感覚的にもそれは間違いないだろうと思います。 これから農業を始めたいということは、今現在は消費者という立場に立って …

目線

変人は最初から変人だったわけではない

たくさんの種類の野菜を育ててそれを家庭や飲食店に向けてお届けしている、いわゆる 野菜の詰め合わせセットをご家庭に直接お届けします! という農家。 多品目有機栽培農家と呼んだりしていますが、彼らの特徴として 変人が多い と …

馬鹿になれ

無農薬、無肥料、不耕起で究極の野菜ができる?

最近はちょっと落ち着いてきていますが、いわゆる無農薬系の栽培者のなかには 自然栽培 に心酔している方がけっこういらっしゃるように感じています。 ここで自然栽培について深く説明することはしませんが、木村秋則氏のメディア露出 …

日本酒

農法にこだわるのではなく情報発信に徹する

前回の記事では、消費者目線に立たなければ農法は意味がないということについて書きました。 とにかく情報発信が重要だという話です。 消費者目線に立たなければ農法は意味がない 新規就農者にかぎらず、●●農法に固執している農家と …

情報発信

消費者目線に立たなければ農法は意味がない

自然農法、自然栽培、炭素循環農法・・・。 これらを含む有機農法は、栽培方法や使用資材、考え方などの違いによって流派がこまかく分かれます。 大きくみれば、 農薬や化学肥料を使った慣行農法 に対して、 農薬や化学肥料を使わな …

慣行と有機

有機肥料と化学肥料 使い分けることでさらに農業は発展する

新規就農を希望される方の多くは、有機農業に興味を持っています。 それは当然の流れ。 食の安全がゆらいだ昨今、時流もあって有機農業が強くクローズアップされています。 国策として有機農業を推進する方向で動いています。 新規就 …

化学肥料

有機農業 → エコロジー、農薬 → 環境破壊という盲信

新規就農したいと考えている人。 とくに有機農業をやりたいと考えている人は、おそらく環境問題にも敏感なのではないでしょうか。 環境のため。 自然のため。 環境の優しい農業をやりたい。 お金のためだけではなく、地球の未来のた …

地球温暖化

【6】有機農業の王道 少量多品目&直販型定期宅配はビジネスモデルとして優秀なのか

これまでに何度か、有機農業で昔から行われてきたスタイルとして 多品目栽培&直販&定期契約 について書いてきました。 【1】有機農業の王道 少量多品目&直販型定期宅配の特徴 【2】有機農業の王道 多品目栽培にはメリットとデ …

ホリエモン

【5】有機農業の王道 少量多品目&直販型定期宅配 大口取引せずにリスク分散

たくさんの種類の野菜や米をこまごまと育てたり、鶏などの家畜を飼っていたりして、できたものを消費者のところへ直接お届けしている。 いわゆる多品目栽培で、産地直送。 産消提携型農業と言ったりもします。 こういうスタイルをとっ …

リスクと効率

【4】有機農業の王道 少量多品目&直販型定期宅配 産消提携のメリットデメリット

前回までの記事 【1】有機農業の王道 少量多品目&直販型定期宅配の特徴 【2】有機農業の王道 多品目栽培にはメリットとデメリットがある 【3】有機農業の王道 少量多品目&直販型定期宅配という安定戦略 有機農業の世界でずっ …

産地直送
« 1 2 3 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

PAGETOP