【本質】耕したほうがいいの?耕さないほうがいいの?それは転校生に聞いてみなよ

畑を耕すべきかどうか。
耕すことで得られるメリットがあり、もちろんデメリットもある。
耕さない派には、それを主張し普及させたい想いがある。

どちらの意見が正しいということではありません。

農家自身が、どちらを選択するのか。
ちゃんと考えて選んだなら、それは正解だと思います。

じゃあ、
考えるとはどういうことか?
大量に情報を集めて、畑の状況を見て、はたして判断できるのか。
迷ったりしないのか。

その答えは、耕すことの本質を理解しているかどうかにかかっています。
耕すことの本質。。。
今回のテーマはこれです。

本質を知るための手法について、
ひとつご紹介します。
これを知れば、耕すということだけじゃなく、いろんなことで本質を理解するときの助けになるはずです。
ぜひ参考にしてみてください。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 無農薬、無肥料、不耕起で究極の野菜ができる?

  2. 【5】有機農業の王道 少量多品目&直販型定期宅配 大口取引せずにリスク分散

  3. 農薬否定から抜け出そう 技術は進歩する

  4. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  5. 有機農業 → エコロジー、農薬 → 環境破壊という盲信

  6. 【2】有機農業の王道 多品目栽培にはメリットとデメリットがある