【勃発】JAvsソフトバンク!農業界にも大変革がやってくるぞ!

2019年8月新しくなったAGMIRU(アグミル)がリリースされました。
それは農業資材の比較・購入サービスから販売も可能になったという前進だけではありませんでした。各種情報発信のほか、画像診断・生産管理・作物販売・会計・金融等をAGMIRU上で一元管理できるサービスを提供するという一大プロジェクト。これまでJAが提供してきた経済事業・信用事業・共済事業に真正面からぶつかっていくサービス提供です。

聖域とされていたJA事業領域に踏み込んでいった大きな一歩。大変革、大激震を予感させます。今後どのようにサービスが発展していくのか、JAとどのようにからみ、どのようにぶつかっていくのか、動向に注目する必要がありそうです。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【協力金あり】人・農地プランで地域の農業を守る!新規就農者には重い足かせになるかも

  2. 【保存版】農業収入を決定づける3つの式を理解しよう。小さな農家は頭を使わないと生き残れない。

  3. 【播種】種まきを遊びつくせ!楽まきさんという名のマニュアル車

  4. 【小道具】ハウス内の最高・最低気温を知るにはどうする?ずっとハウスに居座るわけにいかないし・・・

  5. 【緊張】豊田市の標高300mまだ寒いけどズッキーニ植えます

  6. 【農薬・肥料とは違う】バイオスティミュラントを使いこなせば収量アップまちがいなし