【新旧攻防】卸売市場をぶっ壊す!オンライン卸売市場ラクーザ登場

2019年8月新しくなったAGMIRU(アグミル)がリリースされました。
そして、このサービスと呼応するかのように正式版リリースされたのが
「ラクーザ」

かんたんにいえばインターネット上に卸売市場をつくったということなのですが、スマホひとつあれば農産物の取引を行うことができます。日本各地にある卸売市場が作り上げてきたものを壊してしまう、そんな可能性を秘めているサービスです。

長く続いてきた卸売市場ですが、様々な事情で弱体化が進んでいます。そこに一石を投じて改革が成るのか。それとも伸び悩んで消えていくのか。新しく生まれてきた新しいサービスの動向、市場の変化に注目です。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【簡単】腰痛は指一本で治せる!腰痛緩消法はすごかった・・・

  2. 【農業版ISO】GAPって何?認証は取ったほうがいいの?

  3. 田舎を支援するイナカム。農林水産省が運営しているという妙

  4. 【強健】カボチャの育て方~恐るべき場の支配力とバリエーション豊富な品種力~

  5. 【勃発】JAvsソフトバンク!農業界にも大変革がやってくるぞ!

  6. 【非効率?】耕うん機や管理機の選び方。さっさとトラクターを買ったほうがいいという意見にストップかけます