【新旧攻防】卸売市場をぶっ壊す!オンライン卸売市場ラクーザ登場

2019年8月新しくなったAGMIRU(アグミル)がリリースされました。
そして、このサービスと呼応するかのように正式版リリースされたのが
「ラクーザ」

かんたんにいえばインターネット上に卸売市場をつくったということなのですが、スマホひとつあれば農産物の取引を行うことができます。日本各地にある卸売市場が作り上げてきたものを壊してしまう、そんな可能性を秘めているサービスです。

長く続いてきた卸売市場ですが、様々な事情で弱体化が進んでいます。そこに一石を投じて改革が成るのか。それとも伸び悩んで消えていくのか。新しく生まれてきた新しいサービスの動向、市場の変化に注目です。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【変】なんでトラクターじゃなくて手押しの耕耘機なの?

  2. 【強健】カボチャの育て方~恐るべき場の支配力とバリエーション豊富な品種力~

  3. 【応用編】キュウリ栽培のポイントを詳しく解説。すべては顧客の創造から

  4. 【R4・4・1施行】改正された種苗法は農家にどれくらいの負担を強いるのか?

  5. 【超便利】経営改善必至!優秀すぎる農業日誌アプリ3選

  6. 【特例措置】トラクターには免税軽油を入れるとお得に走れます