【記憶頼み】ラベルをつくっておかないととんでもないことになるぞ

キャベツ、ブロッコリー、ナス、ピーマン、トマト。
播かなきゃいけない種は山のようにある。
発芽して、双葉から本葉へと生育が進めば、その姿からどんな野菜なのかわかることもあるでしょう。
でも、
同じキャベツだけど、品種Aと品種Bを同時に育てていくこともあるわけで。
その見分けがつかないこともあるわけで。
その品種がごちゃごちゃになったら大変でしょ?

Aだと思って植えておいたのに、育ってみたらBだった。
AとBじゃ肥料の加減が違うんだよね~とか、
株間をビミョーに変えてるんだよね~とか、
困ったことになりますよ。

だからラベルをつけておきます。
セルトレイにラベルを刺しておきます。
大事ですよ、ラベリングは。

だってさ。
「田中さん、こんにちは。」
って言われて、
「いや、加藤ですけど・・・」
とか、名前を間違えられるのいやでしょ。

関連記事

  1. 【希望】農業の未来はブルーからホワイトへ

  2. 食料危機が来るって本当?

  3. 【恐怖】売上1千万未満の農家は影響大!インボイス制度を知って特例に乗っかろう

  4. 【悪夢】日米貿易協定で日本の農業が人質に・・・

  5. 【優遇】最強年金システム「農業者年金」で老後は安心できる?

  6. 【三択】ほとんどの農家はホームページがなくても問題ない!じゃあネットでどうやって販売する?