2013年の本気研修生

今年の本・研修生が2人、3月より研修をスタートしました。
これから1年間、松本流を頭と体にたたきこんで来年度からの新規就農に向けて動くことになります。
まったくの初心者2人なので大変ですが、真っ白すぎてどうにでも染まっていく可能性を持っており、松本流に偏りすぎないように世間一般的な方法論も伝えていけたらと思っています。

 これまでの研修生は、インターネットの重要性を説く松本自然農園にいながらインターネットをあまり活用していないことが多いです。
全員ではありませんが。
今年の研修生はどうなるか、まだわかりませんが出来ることなら松本自然農園で研修を受けるメリット(ネットを利用した集客ノウハウの習得)を生かして効果的にネット活用をしてほしいと願っています。
それはつまり研修しているころからホームページやブログ、もちろんmixiやfacebookでもいいですが、ネットの世界で動いてください、ということです。
動けば誰かが見てくれます。
自分の存在をアピールすることがまず第一歩です。
さあはじめよう、研修日記を。

研修生の紹介などはまた別の機会に。

じつは今年の研修生、2人だけではありません。
本格的に腰をすえて1年間学ぶという研修生は2人ですが、週に数時間程度通ってくる人や、月に一回程度通ってくる人など、スポット的に人が増えることがあります。
そんなわけで今日は4人来ていました。
 4人もいると何やっていいか分からなくなりますね。
そんなに仕事の多い時期じゃないですし、みんなにイチから説明しないといけないし、すべての作業を見聞きしたいはずなのでバラバラの作業をしてもらうわけにいかないし、ひとつのタネまきで4人がよってたかって作業するという状況が生まれてしまいました。
最初の数ヶ月は、自分ひとりでやったほうが速い!という場面も多そうですが、長い目でみてじっくりと研修を進めていこうと思います。

そんな2013年です。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  2. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!

  3. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  4. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  5. ズッキーニの収穫作業から顧客の顔を想像する

  6. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう