Ko.Kuaという名のオーガニックカフェ

今日は月末配達日。
ということで広範囲を軽トラックで走り回りました。
そして最後にまわったのが
Ko.Kua
という刈谷市恩田町にあるオーガニックカフェでした。

 
9月にオープンしたてのホカホカ店で、実は不定期ながら松本自然農園の野菜を卸させていただいています。
オーナーさんは松平の畑まで見学に来てくれたこともあり、今日は初対面ではありませんでしたが店に来たのは初めて。
配達で刈谷まで行くのでせっかくだからと直接野菜をお届けしてきました。

店の中はこじんまりとした感じで、雰囲気はハワイアン??
ノリノリでお酒が飲めそうな・・・。
カフェとはいいつつも夜はバー感覚で楽しめそうです。

空いている席に座ってしばらくぼけーーっとしていると、お客さんがひとり。
僕が呼びました。
大府市で自然農をやっているあぐりーもさん(でいいのかな?)です。
以前からブログなどでコンタクトはあったのですが、実際に会ったのは初めてでした。
豊田市と大府市とはそんなに離れていないけど、こういう機会じゃないと会えないので忙しい中をムリヤリ呼び出して来てもらいました。
すんませーん。

一緒に御飯を食べながら(写真とるの忘れた・・・)、野菜の話に花を咲かせました。
この店に野菜を卸している農家さんたちが店内で長々と雑談している・・・。
男が二人で。
オーナーさんが「やな感じだなぁ。」というのも分かる気がします。
どうもおじゃましました。
来るなと言われてもまた来ます。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 食用ホオズキの大いなる可能性

  2. ズッキーニの収穫作業から顧客の顔を想像する

  3. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  4. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  5. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  6. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・