Ko.Kuaという名のオーガニックカフェ

今日は月末配達日。
ということで広範囲を軽トラックで走り回りました。
そして最後にまわったのが
Ko.Kua
という刈谷市恩田町にあるオーガニックカフェでした。

 
9月にオープンしたてのホカホカ店で、実は不定期ながら松本自然農園の野菜を卸させていただいています。
オーナーさんは松平の畑まで見学に来てくれたこともあり、今日は初対面ではありませんでしたが店に来たのは初めて。
配達で刈谷まで行くのでせっかくだからと直接野菜をお届けしてきました。

店の中はこじんまりとした感じで、雰囲気はハワイアン??
ノリノリでお酒が飲めそうな・・・。
カフェとはいいつつも夜はバー感覚で楽しめそうです。

空いている席に座ってしばらくぼけーーっとしていると、お客さんがひとり。
僕が呼びました。
大府市で自然農をやっているあぐりーもさん(でいいのかな?)です。
以前からブログなどでコンタクトはあったのですが、実際に会ったのは初めてでした。
豊田市と大府市とはそんなに離れていないけど、こういう機会じゃないと会えないので忙しい中をムリヤリ呼び出して来てもらいました。
すんませーん。

一緒に御飯を食べながら(写真とるの忘れた・・・)、野菜の話に花を咲かせました。
この店に野菜を卸している農家さんたちが店内で長々と雑談している・・・。
男が二人で。
オーナーさんが「やな感じだなぁ。」というのも分かる気がします。
どうもおじゃましました。
来るなと言われてもまた来ます。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  2. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  3. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  4. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  5. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  6. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!