明日27日は野菜の配達日。
これが今年最後の発送になります。

一年を通してみると野菜を出せない時期がどうしてもあります。
3月と4月。
ここはいわゆる端境期というやつで、育ててきた野菜が花を咲かせる季節なので出荷できるものが少ない。
品目数がそろわないので、うちのような多品目農家は出荷を休むことが多いです。
松本自然農園も今年は2ヶ月間休みました。

9月下旬~10月中旬。
夏野菜から秋野菜へと移行する時期で、移行がスムーズにいかないと野菜が少なくなります。
プチ端境期と呼んでいます。
今年は切れることなく出荷できましたが、ちょっとムリヤリなところもありました。
家の栗とかシイタケとか出してましたから。
セットにシイタケを入れるのはナシということじゃなくて、セットに入れる予定じゃないものの力を借りる必要に迫られたということ。
プチ端境期を口笛ふきながら余裕で乗り切るにはもうすこし経験が必要なようです。

1年のうちで野菜がセットとして成立しないのは2ヶ月間ほどだけです。
ここさえ工夫してやれば、みなさんに迷惑をかけずに年間供給が可能になります。
というわけで今は3月に向けてアレコレと対策を練っているところ。
ちょっと難しいかなぁという感じですが、1週間でも長く出荷できるようになればと思います。

さあまずは明日の最終出荷だ!