【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

トマト栽培は奥が深いです。幅が広いと言ってもいい。
どのように栽培するかどうか選択肢は無数にあって、どれを採用するかは農家自身の決断に委ねられます。

だからこそ面白いといえますが、その決断をするときに考えるべき項目を知らないことには何も始まらないわけで、今回はその判断材料を詳しくお伝えしています。

大きなポイントは2つ。
有機栽培であることと、多品目栽培であること。
これらを前提にして、どんなところに気をつけて栽培方法を確立していったらいいのかを解説します。

関連記事

  1. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  2. 【三択】ほとんどの農家はホームページがなくても問題ない!じゃあネットでどうやって販売する?

  3. 虫食い、土汚れ、サイズなど出荷基準は誰のためにあるのか

  4. 【応用編】一般的な3本仕立ては多品目栽培でもアリ?

  5. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?

  6. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?