配達するべきですか?

豊田市内に限っていえば、就農して5年経った今でもせっせと自分で配達にまわっています。
どれだけ効率化をすすめても死守したいこだわりのひとつです。
お客さまからすれば生産者が直接届けてくれるという安心感、送料が安く済むなどの利点があります。
僕からすれば野菜の評価をいただけるという利点があります。
そしてもうひとつ見逃せない点が。

ふだんは完全にお任せでセットをつくらせてもらっているので生産者としてわがままし放題です。
もちろんセットのバランスを考えながら、台所を想像しながらの野菜詰め込みになりますが。
でも、いくら想像しているといっても僕一人の頭のことなので偏りもでますよ。
カブだったら毎週入れても大丈夫だろう、とか。
大根は使いきれない家庭もあるだろうからたまには外してみようか、とか。
トマトは美味しいのでどれだけ入れても喜ばれるに違いない、とか。
思い込みだけで見当違いなこともあります。
こんなときにダイレクトな意見をいただけるのはお客様と直接顔をつきあわせているからこそ。
厳しい意見をいただけることもあります。
それでヘコむこともしばしば。
ありがたいですね。

あとセットをつくるヒントもくれます。
ハロウィンとか冬至とか七草とかひな祭りとか、そういうイベントがからむときにはセット内容をいじったらいいのでは?というご意見をいただいたことがあります。
ハロウィンとか冬至ならカボチャを入れるとか、春の七草を栽培して入れてみるとか(←これはちょっと高難易度)。
簡単じゃないものもありますが、アイデアをもらっておいて損はないですからね。
これまたありがたいです。

失うものも大きいけど、得られるものも同じくらい大きい。
配達の手間や非効率さを差し引いても、得られるものが大きいので続けられるのかもしれませんね。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!

  2. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  3. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  4. ジャガイモ種芋の植え方について

  5. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  6. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?