農作業日和に見学

6月30日は圃場見学の日でした。
いつも色々とお世話になっている土磨自然農園さんへ研修生2名を連れて行ってきました。
ほかの農園の方々が見学に来るのに便乗した(邪魔しにいった?)形です。

僕自身は農園主の横島さんをよく知っているので話を聞きに行くという感じじゃないですし、今回は研修生にいろんな農場・営農形態を知ってもらうための見学だったので、僕は遠くでおとなしくしていました。
とはいえ人様の畑を見せてもらうのは勉強になるのでありがたいです。

研修生が就農前にあちこちの農場を見て刺激を受けるのは非常に有意義だと思います。
考え方が研修先の営農・農法にかたよってしまうのは研修生の宿命なので、いろんなやり方に触れることで広い視野をもつことができるようになります。
僕は自分のやり方が自身に合っているから続けられるけど、これが他の人にとって最上とは言えないですから自分にあった形態を見つけてほしいですね。

暑かったけど晴れて農作業日和でした。
そんななか時間を割いてくれた横島さんには感謝です。

関連記事

  1. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  2. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  3. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  4. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  5. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  6. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?