農作業日和に見学

6月30日は圃場見学の日でした。
いつも色々とお世話になっている土磨自然農園さんへ研修生2名を連れて行ってきました。
ほかの農園の方々が見学に来るのに便乗した(邪魔しにいった?)形です。

僕自身は農園主の横島さんをよく知っているので話を聞きに行くという感じじゃないですし、今回は研修生にいろんな農場・営農形態を知ってもらうための見学だったので、僕は遠くでおとなしくしていました。
とはいえ人様の畑を見せてもらうのは勉強になるのでありがたいです。

研修生が就農前にあちこちの農場を見て刺激を受けるのは非常に有意義だと思います。
考え方が研修先の営農・農法にかたよってしまうのは研修生の宿命なので、いろんなやり方に触れることで広い視野をもつことができるようになります。
僕は自分のやり方が自身に合っているから続けられるけど、これが他の人にとって最上とは言えないですから自分にあった形態を見つけてほしいですね。

暑かったけど晴れて農作業日和でした。
そんななか時間を割いてくれた横島さんには感謝です。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  2. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  3. 夏野菜の苗で50穴セルトレイを使うのは理由がある

  4. 脇芽トマト苗が仕上がってきたので定植します

  5. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  6. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか