軽トラ復活!なんだけど・・・

軽トラックが戻ってくるのは今日。
つまり木曜日。
なんと配達日です。
ただでさえドタバタなのに車をとりにいく時間なんてあるんかいな?

というわけで早起き
珍しく5時前に起きました。
こんな薄暗いうちから起きて畑に行くなんて久しぶりです。
快挙です。
我ながらよく起きられたなぁと感心しきり。
就農1年目以来でしょうか。

ヨメの車を借りて畑に行き、収穫して家に戻ってきました。
すんげぇ寒い
冬に収穫作業をしているような感覚でした。
昼間はTシャツで過ごしているというのに朝はこんなに寒かったんだね。
全然知りませんでした。
野菜たちはこんな寒い中をガマンしてたんですね。
そりゃナスが生長が遅いわけだ。
納得、納得。

家に戻ってきてからは朝食をとったあとに出荷作業。
丁寧かつ迅速に作業をすすめていきます。
伝票や品目説明の紙を印刷しおわってほとんど準備が完了したのは11時頃。
早めの昼食をとってから自転車で出かけました。
車屋さんへ。

なんだか久しぶりに自転車に乗った気がする。
タイヨウが暖かくて気持ちがいい。
風はひんやりとしていて爽快感がたまらない。
自転車にはもってこいの季節かも。
また近いうちにサイクリングにでも出かけようかな。

50分ほどで車屋さんに到着。
修理されて車が返ってきました。
でもボロボロだそうです、僕の軽トラック。
老体なのにろくに病院に連れていってあげなかった報いでしょうね。
もう買い替え時のようなので中古車をさがすことにします。
もちろん軽トラックじゃないと仕事になりませんよ。

結局、軽トラックで家に戻ってから配達に出かけるまで、少し時間の余裕ができました。
早起きして手早く準備をしてしまえば配達日といえどもラクショーだということでしょう。
でも今のところはラクショー気分よりも二度寝に軍配があがりそうです。
ゆっくり寝ていたい・・・。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  2. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  3. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  4. 堆肥は本当に必要なのか?と問いかける姿勢そのものが重要

  5. 【時給】農業収入ってどのくらいあるの?農家ってちゃんと生活できているの?

  6. ジャガイモ種芋の植え方について