調子に乗ると売上が減る

秋野菜はボリュームがすごい。
葉もの野菜が多いので、価格分の野菜をセットとして揃えていくと
なんじゃこりゃ~
というくらいあふれんばかりの量になる。

畑に野菜がたくさんあると調子に乗ってたくさん箱詰めしてしまうので、最近のセットは食べきれないくらい入っていることが多い。
毎週とってくれている家庭はおそらく夢でうなされるくらい野菜生活を満喫しているに違いない。

たくさん提供できて僕はうれしい、お客さんもうれしい。
でもいいことばかりじゃないんです。
あんまり多く入れすぎると
「毎週だと食べきれないので隔週にしてください」
と言われてしまうんです。
これだと僕は悲しい、お客さんはうれしい。
よかれと思って野菜をたっぷり詰めていることが、売上の減少につながるというのは苦痛です。
残念です。

量のサービスはほどほどに。
気持ちのサービスは満タンで。

関連記事

  1. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  2. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  3. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  4. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  5. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  6. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?