【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

卸売市場といえば、青果流通の中心的な存在です。
が、その仕組みについて詳しく知っている方はそれほど多くないのではないでしょうか。
JA出荷をしていて、かなりの数量を出しているのに振り込まれてくる金額が小さい気がする。
がんばっているのに報われていない気がする。
そのように感じる農家は多いと思いますが、それは卸売市場を含め農産物流通がどうなっているのかを知れば半分くらいは納得できたりするものです。
直販主体の農家であれば、市場流通と比べたときに実入りの大きさ(低い中間マージン)でうれしくなりますが、経営規模によってはJAや卸売市場に向けて出荷したほうがいい場合もあったりします。

まずは卸売市場とはどのようなものなのか。
その実態を知ってみるところから始めてみませんか?

【新旧攻防】卸売市場をぶっ壊す!オンライン卸売市場ラクーザ登場
https://youtu.be/5pRY-XN-XSU

【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?
https://youtu.be/2nVToDDiKhQ

関連記事

  1. 【農林業センサス2020】農業者40万人減ったら日本の農業はオシマイなの?

  2. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  3. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  4. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  5. 【時給】農業収入ってどのくらいあるの?農家ってちゃんと生活できているの?

  6. 【恐怖】TPPで日本の農業は終了?どうなる農家?アメリカの外交政策に振り回される日本という構図